忍者ブログ
廻る、廻る、世界は廻る。クルリクルリと、狂り狂りと。
[78]  [77]  [76]  [75]  [74]  [73]  [72]  [71]  [70]  [69]  [68
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 朱だけが渦巻いている
 古びた屋敷の中で
 鶏の 豚の 牛の 或いは人の
 血が叫び骨が呻いているようだ
 泣き叫ぶ死した魂たち
 血に染まるテーブルクロスからは
 致死量ほどの血液が流れ落ちていた
 刹那 轟音と共にコウモリが飛び立つ
 十字架は朽ち 錆の臭いが充満する
 落雷 青白い閃光が視界を閉ざす
 霊媒師 翻弄され朱く生涯を閉じ
 吸血鬼 魅了され朱に自ら落ちる
 
 朱 さっきよりも淀んでいる
 冷気を孕んだ大気が背筋を凍らせる
 葬儀屋 棺は砕け粉塵と化す
 十字架など意味無く 呑まれる
 魔術師 白いグローブをつけ
 朱く張り裂けそうなテーブルクロスを
 両手で引き抜いた
 魂は浮遊 血液は霧散
 
 魔術師は 微笑んだ

 「魂を一つ、頂いて行きますよ。魔王」

 瓶を取り出すと 魂を掴みその中へ封じた
 背を向けて歩き出すと
 テーブルクロスは先ほどと変わらぬように
 またテーブルの上へと戻り
 血液も骨も一つを除いた魂も
 巻き戻すように戻っていった

 屋敷からはまた 叫び声が響く

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
無題
格好良いですね!!
詩も格好良いですが、
詩に出てくる魔術師が格好良いです。
普通に惚れましたよw
昏色 詩詩 2007/12/29(Sat)19:58:46 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
小物






web拍手

良かったと思う方はポチッとお願いします!


小説情報

新! 陽に向かう影Ⅲ(2/10)
鉄槌(未定)

お知らせ

小説・詩、なんでも随時お題を募集中です。
お気軽に応募して下さい。
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新記事
(12/21)
(07/18)
(10/16)
(08/17)
(07/03)
プロフィール
HN:
1.夜嶺 阿魂 2.フェルメート
年齢:
26
性別:
男性
誕生日:
1992/04/28
職業:
中学生
趣味:
バンド活動
自己紹介:
音楽:
BUMP OF CHICKEN,
ASIAN KUNG-FU GENERATION,
RADWIMPS,
ケツメイシ,
DEPAPEPE

食物:
食べられる物一般

書物:
成田良悟さんの作品,
山田悠介さんの作品
最新コメント
[01/10 名も無き詩人]
[01/02 ひみつ]
[08/27 咲夜]
[07/04 Luckey river]
[06/06 lucky river]
最新トラックバック
ブログ内検索
最古記事
忍者ポイント広告

忍者ブログ[PR]