忍者ブログ
廻る、廻る、世界は廻る。クルリクルリと、狂り狂りと。
[71]  [70]  [69]  [68]  [67]  [66]  [65]  [64]  [63]  [62]  [61
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

お題―古雑誌の行く先―

 幼少期 大好きだった絵本がある
 幼稚な絵の中では人間と動物が一緒に遊んでいる
 漢字など一つもなく 昼はよく一人でそれを読んでいた
 夜は寝床で母が読んでくれた それが子守歌だった
 
 だがその本はいつの間にか僕の部屋から消えた
 母も僕の寝床へは入ってこなくなり僕は一人で寝た
 今では文字ばかりが並べられた小説を読んでいる
 僕の頭にその本のことはもう無かった

 大人になり 心は渇き荒んでいた
 都会の冷たい空気に吹かれながら歩いていると
 寂れた古本屋を見つけた
 「経営難だな」と思いながらも何故かそっちの方へ足が向かう
 入ってみると やはりそこには店長しかいなかった
 そう 不思議な雰囲気を醸し出す店長しか・・・
 「よく来たね 君に今、必要な本はこれじゃないかい?」
 いきなりそう言われとまどったが 差し出された本を受け取った
 「!!!」
 そう その本は幼き日の思い出が詰まったあの本だったのだ
 裏返してみると そこには確かに子供の頃に書いた自分にしか解らない名前が書いてあった
 「これを・・・どこで?」
 店長はなんのことはないと言った様子で
 「持って行きな。金は要らないよ」
 とだけ口にした
 
 店を出た僕は 心の中に潤いを感じた
 大人になった今でもこの本は私の中に響いたのだ
 都会の曇り空を眺めながら 僕は家路についた
 「明日も あの店へ行こう」
 
 あの古本屋に隠された秘密も知らずに
 
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
温かいですね。
凄い!!本と人の巡りあわせが綺麗ですね。
こういう感じの奇跡みたいな繋がり、大好きです!!
昏色 詩詩 2007/12/16(Sun)11:08:03 編集
無題
子供と大人の境界線がよく分かります…
昔のことを思い出せたこの方は、とても幸運ですね

中々こちらにこれませんでしたが、久々に来ると俺の心も潤いました(´∀`)
鉄線 2007/12/16(Sun)17:31:52 編集
こっそりと泣k・・・
ありがとうございます。
鉄線さんは久しぶりですね。
また逆逓送迄後顧。のほうにもお邪魔させてもらいますので・・・。
阿魂 2007/12/16(Sun)18:15:25 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
小物






web拍手

良かったと思う方はポチッとお願いします!


小説情報

新! 陽に向かう影Ⅲ(2/10)
鉄槌(未定)

お知らせ

小説・詩、なんでも随時お題を募集中です。
お気軽に応募して下さい。
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新記事
(12/21)
(07/18)
(10/16)
(08/17)
(07/03)
プロフィール
HN:
1.夜嶺 阿魂 2.フェルメート
年齢:
26
性別:
男性
誕生日:
1992/04/28
職業:
中学生
趣味:
バンド活動
自己紹介:
音楽:
BUMP OF CHICKEN,
ASIAN KUNG-FU GENERATION,
RADWIMPS,
ケツメイシ,
DEPAPEPE

食物:
食べられる物一般

書物:
成田良悟さんの作品,
山田悠介さんの作品
最新コメント
[01/10 名も無き詩人]
[01/02 ひみつ]
[08/27 咲夜]
[07/04 Luckey river]
[06/06 lucky river]
最新トラックバック
ブログ内検索
最古記事
忍者ポイント広告

忍者ブログ[PR]