忍者ブログ
廻る、廻る、世界は廻る。クルリクルリと、狂り狂りと。
[59]  [58]  [57]  [56]  [55]  [54]  [53]  [52]  [51]  [50]  [49
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 その時、私は白い実験室の中で、被験者NO.1007の対外栄養吸収実験の主治医をしていた。
 実験は危険なもので、麻酔を打つと神経に副作用が出る可能性があるので、あえて麻酔を打たずに実験は行った。
 患者は酷く痛がり、暴れた。だが、人類存亡の為にはやむなしと、実験は続行した。
 途中、一度脈が落ちて慌てたがなんとか持ち直し、実験は成功した。
 だが、その実験は成功してはいけなかった。
 意識が戻った患者は錯乱状態にあり、メスを振り回した。
 私の助手は顔を刺されて死んだ。仲間の断末魔が響く中、私はなんとか被験者をを取り押さえようとしたが、無駄だった。
 胸を切り裂かれた私は、重度の傷を負った。死んだふりをしてその場を凌ぎ、被験者が赤く染まった実験室を出て行った後、仲間の元へ駆け寄った。
 大多数が死に、生きている者も虫の息だ。これでは命は持つまい。私は彼等を楽な姿勢で寝かせた後、簡単な治療を済ませて実験室を出た。
 雨が降ってきた。傷に染みる雨。大きな音を立てて、足下の砂を濡らし、さらっていく。
 ふと、涙が零れ落ちた。止めどなく溢れ出た。
 「何をしてたんだろうな、私は・・・」
 涙を拭いもせず、そう呟いた。
 思えば今まで、何人もの人間の実験をしてきた。失敗例が多く、嫌でも人の死に目を見てきた。
 何も思わなかった。人が死ぬ、それは当たり前のこととして、日常の中にまで浸透していた。
 ならば何故涙が出るのか。解らなかった。
 生きる者の死。今まで普通だったことが急に壁となって目の前に現れたようだ。
 涙が止まった。私は涙を拭うと、落ち着き払った様子で前へと歩き出した。
 過去を清算しようとは思わない。だが、これからは違ったことをしてみたい。
 どこへ行こうとは思わなかった。だが、どこかへは行こうと思った。
 歩みは止めない。
 未だ、雨は止まない。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
小物






web拍手

良かったと思う方はポチッとお願いします!


小説情報

新! 陽に向かう影Ⅲ(2/10)
鉄槌(未定)

お知らせ

小説・詩、なんでも随時お題を募集中です。
お気軽に応募して下さい。
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新記事
(12/21)
(07/18)
(10/16)
(08/17)
(07/03)
プロフィール
HN:
1.夜嶺 阿魂 2.フェルメート
年齢:
26
性別:
男性
誕生日:
1992/04/28
職業:
中学生
趣味:
バンド活動
自己紹介:
音楽:
BUMP OF CHICKEN,
ASIAN KUNG-FU GENERATION,
RADWIMPS,
ケツメイシ,
DEPAPEPE

食物:
食べられる物一般

書物:
成田良悟さんの作品,
山田悠介さんの作品
最新コメント
[01/10 名も無き詩人]
[01/02 ひみつ]
[08/27 咲夜]
[07/04 Luckey river]
[06/06 lucky river]
最新トラックバック
ブログ内検索
最古記事
忍者ポイント広告

忍者ブログ[PR]